computers 01

  1. 箇条書き項目 チコタンの後継機

名称:Apple PowerBook G4 12 inch(2004年春)

愛称:カルシファー、12インチ

CPU:PowerPC G4 1.33GHz

メモリ:1.25GB

HDD:60GB

CDD:4倍速スーパードライブ

モニタ:12.1インチカラーTFT

OS:MacOS X 10.4 Tiger

PowerBookの持ち運びが頻繁になり、チコタンやピズモでは重すぎて苦痛に感じていた矢先の新製品発表。これだ!と飛びついたもの。マイナーチェンジモデルだったが細部のスペックアップが大きく、非常に満足な買い物となった。

真夏の職場で一度熱暴走を起こし、そのままHDDが死亡。APPにて無償修理となる。

MacBook購入後にヒンジの緩むトラブルが発生。修理を諦めたものの2011年に思いきって挑戦し、成功を収める。

  1. 箇条書き項目 オールドMacコレクション2号

名称:Apple PowerBook G3 ‘98(Wall Street2、PDQ)

愛称:ウォールストリート、分厚い黒マック

CPU:PowerPC G3 266MHz

メモリ:512MB

HDD:6GB

CDD:20倍速CD-ROM

モニタ:14.1インチカラーTFT

OS:MacOS 8.6

黒色クラムシェルのPowerBookを全部揃えてやろうというバカ心、いや野心で手に入れたもの。購入後3日目でHDD死亡。用途不明でほぼ死蔵状態。2011年に大病を患い、ジャンクMainStreetのロジックボートを移植して復活。

  1. 箇条書き項目 オールドMacコレクション1号

名称:Apple Power Macintosh G3 DT 266「Gossamer」

愛称:DTゴッサマ

CPU:PowerPC G3 266MHz

メモリ:384MB

HDD:4GB

CDD:CD-ROM

モニタ:無し

OS:MacOS 8.1

会社内の大引越で不要品となったものを拾ってきてリストアしたもの。初めてのデスクトップMac。さすがG3だけあって、それなりに使えるのが嬉しい。ファイルサーバとしての運用を試みるも、騒音が酷くて間もなく中止。MTゴッサマが来てからはいよいよ活躍の場が無くなり、物置番をしている。

  1. 箇条書き項目 レガシーOS専用機

名称:Apple PowerBook FireWire「Pismo」

愛称:ピズモ、黒マック2

CPU:PowerPC G3 400MHz

メモリ:512MB

HDD:20GB

CDD:6倍速DVD-ROM

モニタ:14.1インチカラーTFT

OS:MacOS 9.1

実用機としての役割は十分担っているものの、イマイチ愛着の湧かないチコタンをMacOS X専用機とし、思う存分弄り倒すことができるレガシーOS専用機として2003年6月に中古で購入。が、購入後即修理行きとなる。ガワの程度も良く、お気に入りとなっている。

  1. 箇条書き項目 Lombardの後継機

名称:Apple PowerBook G4 Gigabit Ethernet

愛称:チコタン

CPU:PowerPC G4 667MHz

メモリ:1GB

HDD:30GB

CDD:スーパードライブ

モニタ:15.2インチワイドTFT

OS:MacOS X 10.3 Panther

パワー不足となったLombardの後継機として2002年1月に購入。初めてのG4プロセッサ、FireWire、スロットローディングコンボドライブ、そして広大なワイド液晶。2年半の進歩は思った以上に大きかった。欲を言えば、もちっと私好みのデザインだったら・・。

2004年4月、12インチのPowerBookにメインの座を譲ってからは、母の2台目として再稼働。動画編集やDVDオーサリングまでこなすものの激しい不調をきたしてMacBook Proへバトンタッチ。

今は小康状態でたまに起動する程度。

  1. 箇条書き項目 初めてのマッキントッシュ

名称:Apple PowerBook G3 ’99 「Lombard」

愛称:ロンバード、黒マック

CPU:PowerPC G3 400MHz

メモリ:512MB

HDD:6GB

CDD:2倍速DVD-ROM

モニタ:14.1インチカラーTFT

OS:MacOS 8.6

1999年6月に購入。あまりのデザインの良さゆえ、肌身離さず使われた。が、酷使ゆえガタが出、処理能力にも不満が。で、チコタンにメインの座を譲るものの母親御用達マシンとなる。2004年夏にヒンジが折れたが無料修理で復活。ただ今余生をゆるりと過ごしている。

  1. 箇条書き項目 大学で必要になったPC

名称:NEC LaVie NX LW30H64D6

愛称:ラビさん

CPU:Intel Celeron 300MHz

メモリ:128MB

HDD:6.4GB

CDD:24倍速CD-ROM

モニタ:14.1インチカラーTFT

OS:Windows 98

大学で、ノートパソコンを買えという指示が出たため、初めてでんでんタウンに行く。最初は富士通のマシンが欲しかったが在庫切れ。で、選んだのがまたしてもNEC。まあ、この頃にはDOS/V規格になっていた。バッテリがダメなくらいで、モノは結構よさげ。2011年現在も完動品でMS-DOSを走らせて喜んでいたりする。

  1. 箇条書き項目 初めて触ったコンピュータ

名称:NEC PC9821 V200S7C2

愛称:カツブシ号

CPU:Intel MMX Pentium 200MHz

メモリ:96MB

HDD:2GB

CDD:20倍速CD-ROM

モニタ:NEC 17インチシャドウマスクCRT

OS:Windows 95

すでにDOS/Vの時代だったにも関わらず、「やっぱパソコンはNECだろ」の父の一声で購入。が、実際に使ったのは私と妹くらい。でも、これに出会っていなければ、今頃全く違う人生を歩んでいただろうから、それなりに影響力のあったマシンである。

2002年、Lombardが実家に導入されてからはほとんど活躍することがなくなり、ADSL導入後はLANポートを持たないことが致命的になり、遂に2003年5月4日、自宅近くのリサイクルショップに引き取ってもらって我が家での活動はお終わった。

パワーリンゴ Topへhttp://powerapple.at.webry.info/
 
inserted by FC2 system